男子ホッケー部員の不祥事に関するご報告とお詫びについて

本ホームページをご覧の皆様
関西学院大学関係者の皆様
ホッケー関係者の皆様

関西学院大学体育会陸上ホッケー部
不祥事再発防止委員会


男子ホッケー部員の不祥事に関するご報告とお詫びについて


拝啓

平素は当ホッケー部に多大なるご高配を賜りまして、誠に有難く厚く御礼申し上げます。

早速ですが、上部関係団体、また大学関係当局には既に報告済みでございますし、また一部個別にお問い合わせもいただいておりましたが、8月9日(月)夕刻から晩の時間帯に当部1年生部員2名が、原付バイクの占有離脱物横領罪で西宮警察署に逮捕連行されました。

このことを受け当部としましては、男子部・女子部とも自主的に8月10日(火)より全員無期限活動自粛処分をとり、審議が固まるまで自粛待機するという状況でございましたが、上部関係団体のお取り計らいにより、女子部は8月19日(木)をもって処分を解除いたしました。

また男子部は別途審議が継続され、今般、日本ホッケー協会規律委員会より日本学生連盟に8月20日を起算日とした三ヶ月の対外試合自粛処分(11月19日まで)が通達され、私どもとしましては、現在関西学生連盟からの最終連絡を待つという状況となりました。

ホッケー界、また母校の名前を汚すこととなり、関係者の方にはお詫びの言葉もございません。

また、男子監督の宮林聰光は8月11日付で引責辞任し、再発防止活動に残された学生とともに取り組むこととなり、あわせて該当者2名とともに無期限で登録を抹消いたしました。

今後、当部としては女子部も含め再発防止活動を予定どおり進め、いち早く立て直しを図り、今までとは全く違う姿勢や態度で、男女部員とも部活動のみならず、学内・学外生活を、範となる一大学生として取り組むようにしていく所存でございます。

今回の件にあたり、大変多くの関係者の皆様に、大変なご苦労と大変なご心労をおかけしたことを、この場を借りて深くお詫び申し上げます。

敬具