主な反則

■キック
故意であるなしに関係なくボールが足に当たったとき。
※シューティングサークル内は、GK(ゴールキーパー)のみ全身をつかってよい。

■アップ・アップボール
ボールを不用意に浮かせること。基準は、膝以上頭以下とされ、危険とみなされた時。
しかし、実際のところ結構あいまいである。審判にキケンと判断されたら反則とされるが、それも審判によって大きく異なってくるので、なかなか難しい。

■バックスティック
スティックの平らな面側以外でボールを扱った時。
表面側とエッジしか使ってはいけないホッケー独特の反則。

■デンジャラス
危険なプレーとみなされた時。
例)人が密集しているところでボールを上げる/スティックを空振りする
※しかし、審判が危険でないと判断した場合プレーは続行される。

■ハイスティック
肩より上のボールをスティックで扱いプレーしようとした時。

■オブストラクション
相手選手がプレーしようとしているのを故意に妨害をしたり、体やスティックを用いて相手からボールを隠す行為。

■インターフェアー
スティックや体、手、足等で相手を叩いたり押さえたりした場合。

■カバー
体を使ってボールをカバーすること。
よくサッカーでDFがやる行為と同じ。ホッケーでやると反則をとられる。

■スティックチャージ
ボールではなく、スティックにチャージする。

■アドバンテージ
反則があってももう一方のチームに障害が無ければプレーは続行される。